アルツハイマーの治療は早期発見と早期治療が鍵になっています

1人で悩まず、周囲の人と協力して介護をする世界へ
看護師

認識

一見同じようにみえるアルツハイマーですが、これは何が原因になっているかにより進行速度も症状も違います。
よく問題になっており、若年性でも発症してしまうものがアルツハイマー型認知症といわれているものであり、これは事故や病気というような大きな原因がなくとも、突然発症しぐんぐん病気が進行してしまうこともある病気です。
比較的進行速度が早く、治療を行ってもこのアルツハイマーを止めることはできません。

この病気は脳がなんらかの原因で萎縮しはじめることでおこります。中には事故で激しく頭を打ち付けた、脳内出血が原因でというような人もおりますが、何もしていないのにある日突然という場合もあります。
他の認知症には血管性認知症、HIVや梅毒からくる認知症などがあります。治療が可能な認知症の中には慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症のようなものがあります。治療が可能な病気が原因で脳に異常が現れ、その影響で認知症の症状が出ている場合は治療可能です。
しかし、特に何の原因があるわけでもない、原因はわかっているがどうしようもない場合には、治療することはできません。
事故や病気が原因でかかる認知症の場合、症状が固定化されることもありますが、そうでない進行性の場合には時間経過によって着実に症状は悪化してしまうのです。
感知しないからといって、治療をしないまま放置するわけにもいきません。中々辛い治療になりますから、介護サービスを利用している人が多いのです。

Copyright(c) 2015 アルツハイマーの治療は早期発見と早期治療が鍵になっています. All Rights Reserved.