アルツハイマーの治療は早期発見と早期治療が鍵になっています

1人で悩まず、周囲の人と協力して介護をする世界へ
車いすを押す看護師

症状とは

アルツハイマーの治療には様々な方法がありますが、それはその人自身の症状によって変化します。本人の性格や病状に合わせた介護でなければ、思ったような治療効果は望めない状態になってしまいます。

詳細を確認する

認識

アルツハイマーの治療は病状やその症状がどう現れるのかを正しく認識しているかによって変化します。症状をせき止めたい、改善したい、もっと上手くやっていけるように調整したい場合には、病気に関する認識から変更する必要があります。

詳細を確認する

看護師
医者と女医

若年性

若い人でもアルツハイマーの治療が必要になる場合があります。この病気は35歳前後からかかってしまうこともあり、まだ若いから病気になるわけがないという否定は治療の遅れに繋がります。

詳細を確認する

介護の世界

進行したアルツハイマーの治療は相当に大変であり、本人も辛いですが周囲の人間も苦労します。ですから、介護サービスや様々な補助制度を利用して少しでも快適な治療が可能になるようにして下さい。

詳細を確認する

笑顔の医者

この病気とは

脳ドックを京都で受けようと考えているなら、信頼性が高いコチラに任せてみましょう。最新のチェック法で病気を見逃しません。

あきらめないでください。放射線治療で癌細胞を減らすのは一般的ですが、最近はかなり医療技術も進んできてますよ。役立つ情報満載です。

日本人は世界のどこと比べても非常に長寿の国であり、老人が元気です。医療制度も発達したおかげで、これまで治療できなかった、早期発見が不可能だったような病気も徐々になくなりつつあります。
生きやすくなったようにも見えますが、長寿になって体は健康でいられるようになったとしても、老化現象を止められるわけではありません。そんな環境の中で増えている病気の1つにアルツハイマーがあります。
これは脳が何らかの原因によって萎縮し、脳室が拡張してしまうことで起こる病気であり、進行しても治療によって状態が改善することはありません。
これにかかると日常生活もままならなくなる可能性があります。治療方法はありますが、このアルツハイマーに対しての治療は進行を抑え、出来る限り本人の意思でこれまで通りの日常生活が可能であるようにするためのものであり、風邪のように熱が下がれば健康に戻れるというような治療ではありません。
いわば緩和ケアのような形になります。

アルツハイマーは記憶や思考力がゆるやかに低下していく病気です。よく混同されますがいわゆる老人性のボケとはやや症状が違います。
このアルツハイマーは感情や人間としての意思などが全て曖昧になってしまうために、ただのボケとは違って思わぬ方向に人間性が変化してしまうことになります。
老人性のボケになるとぼんやりとした印象になる人が多いですが、この病気の場合我慢や感情の抑制が脳萎縮によってできなくなり、感情的になったり起こりやすくなったりします。
これは以前の性格には関係がなく、どれだけ優しかった人でも激情したり、怒鳴ったりするようになります。人が変わったように感じますから、それを頼りに病気かどうかを判断して治療を始める切掛けにしている人も多いです。

関連情報

Copyright(c) 2015 アルツハイマーの治療は早期発見と早期治療が鍵になっています. All Rights Reserved.